はじめまして、海辺の手作り石けん工房 暇楽の前田と申します。

暇楽は、2003年5月1日、糸島の僻地に小さな小さな手作り石けんの工房としてスタートいたしました。その後、ご愛用くださるお客様方のこんな商品ほしいというご要望をたくさんいただいた商品作りを、一つ一つ時間と手間と研究を重ねて、商品化してきたコスメやハーブ、オーガニック商品等を製造販売させていただいております。
オリジナル商品を製造するにあたって、私達は2つのこだわりを持って開発してまいりました。そんな、開発秘話をお話させていただきます。     

​糸島海辺の手作り石けん工房 暇楽 (株式会社 暇楽)

​取締役統括製造責任者 masayo  maeda

2001年、病気療養のため、糸島半島に移住。手術・療養中に、糸島の自然との暮らしの中で、無農薬野菜作りや、自然に親しむ生活を送る中、汚水を浄化して海に流すこの地の汚水状況から、合成洗剤は、浄化槽では浄化できず、海に流れてしまうことを知り、自然と人と肌に優しい石けん作りをはじめて、2003年5月1日、糸島の地に、手作り石けん工房 暇楽をオープンさせる。

無添加コスメ?オーガニックコスメ?

​ノンケミカルコスメ?

ここ数年、お肌に優しいコスメというと、ノンケミカルコスメや、オーガニックコスメ等のイメージが強くなってきております。
なんだか肌によさそうなイメージでしょうか?
食品でのオーガニック認定や、無農薬認定機関など、厳しく基準が設けられているので、コスメもきっとそうなんだろうと思いがちですが、現在日本のオーガニックコスメの規定や、基準はありません。
作った会社や販売元がオーガニックコスメといえば、オーガニックコスメとして販売できます。
例えば、「オーガニック認定栽培の原料を配合しているので、オーガニックコスメ」という考えだったり、植物天然成分から注出された原料だからだったり解釈は様々です。

又、植物エキスや天然成分で作られていると聞くと、お肌に優しいというイメージにとらえられがちですが、植物にはお肌に直接塗布すると毒性があるものがたくさんあります。
小さいころ、何かの葉っぱに触れて、赤くなったり、ちかちかしたり、かゆくなったりした経験ありませんか?
植物は、生命維持のため毒を出して外敵から身を守るのです。この毒の成分を利用して、防腐剤や抗菌剤などが作られていたりもします。注出加工技術が、科学の力で毒性を除去したりすることで、各医薬品や、化粧品原料として使われているのです。
植物は、肌に塗布する場合、その性質を知らずに安易に使ってしまうと毒性を引き起こす場合があります。
ですから、注出、加工。精製技術が必要なのです。
そのことからも、化粧品に「ノンケミカル(科学品が入っていないもの)」はありえないのです。
よく、ノンケミカルな日焼け止めなどのフレーズで販売されているものが、肌に優しいもののようにいわれていますが、この場合のノンケミカルとは、紫外線吸収剤をケミカルとし、それを使っていないことを、ノンケミカルと称しているみたいです。
ノンケミカル≒科学的に合成してないものではないです。
ですから、安全安心ということではないです。
最近では、ノンケミカルUVの成分として使用されている紫外線反射剤の酸化チタンや酸化亜鉛が、お肌を酸化させる?!成分だという説も出てきて何が正しいか市場は大混乱ですね。
天然とか、オーガニックとか無添加とか、言葉のイメージではなく、田舎の僻地の工房までわざわざお越しくださるお肌にお悩みをお持ちのお客様おひとりおひとりの本当に欲しい化粧品作りを進めてまいりました。
自然での活用で生きるものと、加工技術を使うことで安全に使えるものを見極める。そんな観点でものつくりを進めております。

1、天然素材のみで可能なコスメつくり

弊社の、手作り石けんや、ラバンジンバーム、オイルなど、品質に消費期限を設けることなどで可能なかぎり自然な状態でお使いいただけるコスメつくり。

2、肌にやさしい基準で加工技術を使う

オールインワンゲルやウォーター、UVなど主に水を多く使う製品に対し、最低限の防腐処理や乳化処理を施す。
この時の基準は、肌の弱い方々が刺激なく使用していけるかをテストしながら製品化する。

化粧品は通常、3年以上品質が変わらないものは使用期限の表示は義務づけられておりません。
また、使用期限がある化粧品はごくわずかです。
逆に、3年以内に品質に変化が生じるものは、安全にご使用いただける期間を表示する様、義務づけられております。
フレッシュな油も酸化する期間がある様に、オイルベースの商品はその期限にリンクする形で、使用期限を切らせていただいております。
このことからも、大量生産は出来ないですし、製造だけでなく、品質管理にも徹底しながら、私達が目の届く製造量で出来る限りフレッシュなコスメをお届けしたいと考えております。

© 2023 by Frais. Proudly created with Wix.com